最近発達障害という言葉が有名になってきました。発達障害とは低年齢において発達の過程で社会適応の問題を主とする障害となっています。

発達障害には、低年齢児におこる、脳機能の障害となっていて、自閉症・学習障害・コミュニケーション障害・運動障害・学習障害・注意欠陥多動性障害などの障害のある方となっています。

発達障害のお子さんは他の子どもと比較してちょっと変わっている・運動能力・行動能力・勉強能力などが劣るという理由で、他の生徒からいじめを受けてしまうなどということもあるようです。

また先生なども発達障害のお子さんと接することが得意でない、なかなか時間を取ってあげることができないなどの理由で、発達障害の児童が学校生活において、仲間外れになってしまうということもあるようです。

発達障害のお子さんは特別支援学級に入学させ、他の生徒との差別化を図るなどして、いじめなどから守るような施策を行っていますが、特別支援学級も先生の力量・数的な不足もあり、思うような機能を起こしていないという実態もあるようです。とても残念なことです。

ただ発達障害のお子さんは天才が多いとも言われています。有名な科学者などにも発達障害と思われる方がいるということを講演で聞きました。

たしかに発達障害の方はコミュニケーションを取ることがあまり上手ではない方が多いのですが、その反面・ITやWEB・ゲーム・アプリなどのインターネット系の仕事などで多才な能力を発揮する子が多いとも言われています。また数字や科学に強い方が多いとも言われています。

「発達障害は豊かな個性」です。発達障害で悩んでいるお母さん、どうかご自身やお子さんを責めないでください。お子さんも日々学校の人間関係などで苦しんでいます。その上でお母さんまでもがご自身やお子さんを責めてしまったら、お子さんは本当に辛くなります。ですのでお母さんやお父さんがとにかく落ち込まないでいただきたいです。

160


「お子さんの弱いところが気になる・他のお子さんと比較する」のではなく、「お子さんのいいところ・強そうなところ」を伸ばしていただきたいです。本当に優れた才能を持っているお子さんが多いので、そこを見ていただき、将来面白い人物を育てていただきたいと願っています。

発達障害のお子さんは天才=日本の宝です


160


このサイトでは発達障害の意味、発達障害の偉人・有名人、発達障害関連のブログ、学校、学習塾、家庭教師、いじめ・不登校などの問題、学習指導をできる求人などを紹介していきます。

発達障害のお子さんを抱えるご家族だけでなく、学校の先生やそのようなお子さんの指導をしたいという教員や臨床心理士・社会福祉士の方、また発達障害の教育支援を行っている塾や家庭教師の方などにも見ていただけるような、発達障害の学習支援情報サイトにしていきます。

160


厚生労働省でも発達障害という言葉を用いていますので、ここでも発達障害という用語を使用させていただきます。ご了承願います。

カテゴリー

偉人・有名人
発達障害と思われる偉人や有名人の方がいます。ここでは故人の方を中心に発達障害ではなかったかと思われる方を紹介します。発達障害は優れた個性といえますので、どうかご家族の方はご自身やお子さんのことを責めないでください。
ブログ
発達障害のことが書かれているブログを紹介します。すばらしいブログも多くあります。ここでは発達障害のことについて前向きに書かれている記事を中心に紹介していきます。
意味
発達障害には知的障害・運動機能障害・自閉症・学習障害・アスベルガー・破壊的行動障害・自閉症・注意欠陥多動性障害などがあります。ここではそれぞれの意味・解決法などを紹介します。
特別支援学級
発達障害で悩む小学生・ご家族の方・先生との関係などを紹介します。発達障害の方はいじめに遭いやすい・仲間外れになりやすいという話を聞いています。そのため特別支援学級という教室で個別の教育をしていきます。
不登校
発達障害のお子さんは変わったところがあるということから、いじめにも遭いやすく、また先生などにも理解が得られず、その結果不登校になるようなお子さんも多くいます。ここでは発達障害の影響で不登校になってしまったお子さんのための学習機関を紹介します。
家庭教師選び
発達障害の家庭教師の機関は講師の数が絶対的に不足していること、そしてご家族の方に金銭的な負担を強いるところからもまだほとんどありません。ここでは優れた家庭教師の選び方を紹介していきます。
学習塾選び
発達障害の学習塾は児童の習熟能力に差があり、講師の負担が多くなるということから、まだ日本でも数える程度しかありません。ただ優秀な学習塾もありますので、ここでは塾の選び方を紹介していきます・
中学受験
発達障害児を受け入れてくれる中学を紹介します。一流中学・偏差値の高い中学であれば難しい感じがしますが、倍率の高くない中学・新たに入学者を増やしたいところなどはチャンスがあるのかなと感じます。
高校受験
発達障害で悩む中学生に高校受験のことをオススメします。発達障害のご家族の方は中卒・高卒をすごく意識しています。高校入学を目指すあなたに最適の進学情報をオススメします。
通信制高校選び
発達障害で悩む高校生のことを紹介します。発達障害の高校生は授業になかなかついていけない・卒業が不安という話を聞いたことがあります。ここではそのような方のために通信制高校の選び方を紹介していきます。
通信制高校サポート校選び
発達障害の通信制高校のサポート校を紹介します。通信制高校に行くことができない、授業について行くことも難しいなどのために勉強をしたいというサポート校を紹介していきます。
専門学校選び
発達障害のお子さんの専門学校選びについて紹介します。発達障害の不安を持って専門学校選びを考えている方、専門学校に入学するもついていけなかったお子さんの相談窓口がありますので紹介します。
大学選び
東海地方の大学を紹介します。大学を卒業しても就職できない・入学金も高いなどの理由で大学に入るかどうかを迷う方もいると思われます。そのような方の施設を紹介します。
保育・療育
発達障害児の保育・幼稚園・療育施設の口コミを紹介します。やはり園児は手がかかりますので、あまり多くの保育はありません。
病院
発達障害児を治療している病院を紹介します。ただ病院よりもオススメのところがありますので、ある程度金銭的に余裕のある方は一度見学をしてみることをおススメします。
就職支援
発達が気になるや精神疾患者のための就労支援施設を紹介します。公的機関を主に紹介していきますが、個々に合った就労支援プログラムを真剣に作る私費で行う施設も紹介していきます。
学習指導者の求人
発達障害にとっての大きな悩みは指導者がとても少なく、お子さんの支援がなかなか進まないことなんです。ここではお子さんの個性を理解し、得意分野を褒めて伸ばすことのできる講師の方を募集します。臨床心理士・教員・保育士などの方を特に優遇します。
名古屋・岐阜・東海・信越・近畿
名古屋や岐阜・一宮などの中部地方の発達障害の学習塾や家庭教師を紹介します。実績のある家庭教師・地元密着で活動している個人指導塾・お母さんが感動してしまう隠れた名塾を紹介します。
東京・横浜・首都圏・北関東・山梨
東京・新宿・横浜・川崎・さいたま・東松山・千葉・水戸・つくば・宇都宮・前橋などのアスペルガー・ADHD・LD・自閉症・広汎性発達障害などの学習塾や家庭教師を紹介します。首都圏は学校が充実しています。
札幌・仙台・いわき・北海道・東北
札幌や仙台を中心とした北海道・東北地区の発達障害の学習塾や家庭教師を紹介します。アスペルガーの方のための理系の進学教室、郊外では国語や作文の指導を行っているスクールもあります。
福岡・広島・岡山・高松・西日本
福岡や鹿児島などの九州地方、広島・岡山・高松・松山などの四国地方などの西日本の発達障害の学習塾・家庭教師・障害児支援センターなどを紹介します。
発達障害児の学校選びのコツ
小学校・中学校・高校・専門学校などの発達障害の問題など、発達障害に関するコラムを紹介します。親御さんや学校の悩みなどを紹介します。