発達障害児の学校選び のTOPに戻る

大学進学と発達障害

発達障害(アスペルガー、自閉症、ADHD、LD)の生徒は大学に入学することができるのかという点について考えていきます。

結論を言うとLDの方は学力不足なのでどの大学も受かることはできないと思われます。また自閉症などで引きこもってしまった方も私立大学は合格することはできますが、高校時代の内心も考慮する国立大学では点数を満たしていても合格することは難しいのではないかと思われます。

また大学を卒業するには出席とレポート提出、これが条件になりますので、大学に行けない・レポートを提出できないとなると厳しくなります。

LDの方は高校に入学することも困難なのにましてやそれよりも数段難しい大学に受かることは至難の業です。不可能に近いことです。

自閉症の方は自分の殻にこもってしまう傾向がありますので、実際にひきこもりになってしまう方が多く、また大学に通うことができなくなってしまう方が多くいます。また先生や友人とのコミュニケーションも取りにくい方も多くいますので学校生活がうまく行かなくなって最終的に学校に行けなくなってしまう方も多くあります。

アスペルガーの方も自閉症の方ほどではないのですが、得意分野と不得意分野が極端である科目の単位が取れない・変わっているという理由で先生や友人とうまく行かなくなる・就職の紹介をしてもらえない可能性が高くなりますので注意が必要です。

ADHDの方は注意力に欠ける方が多いので小さいミスを多くしてしまったり、じっとできないので授業をおとなしく聞くことができない、攻撃的になってしまう傾向がありますので、学校内でなかなかうまく行かない傾向が多くなります。レポートの提出などにも問題が出そうですので先生などともうまく行かなかなくなる可能性があります。

さらに全体的に発達障害の方はこだわりが強いですので、こうするしかない・こうなんだと決めつけてしまう傾向があります。ですので冷静な判断ができなくなってしまうことも多くあります。

大学はとても自由度があるのですが、発達障害の方が大学で勉強していくには難しいところもありますので、本当に注意が必要になります。

また授業もしっかり出ている・講義や実習も普通にできている・課題も提出できているなどの方でも、「ちょっと変わっていてかかわりにくいな・・」などの理由で先生とうまく行かない方が多くなる傾向があります。就職の推薦ももらいにくくなりますので就職が厳しくなります。自力で就職を探すにしても会社の担当者の方に怪訝に思われることも多く、なかなか採用されることは厳しくなります。

発達障害の方は専門学校を中退してしまう・卒業するも就職ができない・就職できたとしても長続きせずに退職しまうなどの方が多くなっているのも事実です。また授業料がすごく高いですので、卒業できないと親にも負担をかけてしまいます。

このような方の大半はフリータになってしまうと思われますし、さらに進んでニート・ひきこもりになってしまう方も少なからず出てきます。せっかく高いお金を払って専門学校に進むも中退した・仮に卒業してもフリータやニートになってしまっては入学した意味が本当に薄れます。そうなると何も残らなくなってしまうので親に多大な迷惑をかけることになります。

そのようなことを十分に考えたうえで、あなたが本当に高いお金を払ってでも専門学校に進んで高い技術をつけることができるかを本当に考えていただきたいです。

大学に行こうと思っているも次のような不安のある方は発達が気になる・発達障害の可能性があります。

発達障害や不登校で悩んでいるご家族の方に!
「発達障害などでいじめられている」
「先生に見放されている」
「人が信用できない」
「成績が上がらない」
「注意力が散漫」
「不登校が続いている」
「人並みの成績まで戻って欲しい」
「勉強はできるけど生きる力を持っていない」
「進学や就職に不安」
「通信制高校に転校しようかを考えている」
「高卒認定資格を考えている」
「何とか公立高校に行ってほしい」

また必要があればブロックの解除及び受験指導を行っていくことも考えています。ただ不登校の方ということで時間及びお金がかかりますのでご了承いただきたいです。
「何とか大学まで行かせたい」
「大学を出て就職してほしい」
「ITエンジニアとして活躍してほしい」
「親が経営者なので何とか後を継いでほしい」
「何とか他のお子さんよりも見劣りしないように」
「こどもがとにかく輝いてほしい」
などのご家族の方にはいいかなと思われます。

「医療機関・学校・塾・家庭教師どこに行ってもお子さんが改善しなかった」
「何が何でもこの状況を抜けたいので力を貸してほしい」
「お金は仕方ないのでこどもを助けてほしい」
などの方には特に適しているのではないかと思われます。

相談は下記から行うことができます。
何とかお子さんの現状を打破したいというご家族の方
関連コンテンツ

発達障害と精神障害

ADHDやLD・アスペルガーなどの発達障害のお子さんの多くは、あるところは発達しすぎているくらい、反面あるところが抜けているところもあるので、バランスはあまり良くありません。得意なところと苦手なところ・・・

発達障害と不登校・ひきこもり

発達障害のお子さんは学校でいじめられることが多く、集団社会の中で疎外感を受けてしまうことが多いです。周りの仲間や先生から変わっている、何かつき合いにくい、空気を読めない、自分勝手などと思われてしまう行・・・

いじめと発達障害

いじめと発達障害は密接な関係があります。ADHD・LD・アスペルガーなどの発達障害を持っている方は、学力が足りない・落ち着かない・自分勝手なところがある・不思議なところがあるなどがありますので、組織内・・・

発達障害を改善する最高の先生は誰?

発達障害の症状を和らげる最高の教材は何か?先生・カウンセラー・おじいちゃん・おばあちゃんなどもそうなのですが、実際にはお母さんが一番です。お母さんがお子さんにとっての最高の先生といえます。お母さん自身・・・

発達障害のお子さんはどのくらい?

発達障害は脳の障害で起こる精神疾患の一種で、幼児期の成長が遅かったり、特異的なところに才能のありすぎるなどのバランスの悪い方のことを言います。発達障害とは一般に子どものことを言いますが、最近は中高生や・・・