発達障害児の学校選び のTOPに戻る
「発達障害児の学校選び 」トップ >  不登校 > 発達障害のお子さんはいじめに遭う確率が高い

発達障害のお子さんはいじめに遭う確率が高い

やはり発達障害のお子さんはいじめに遭いやすいという話をよく聞きます。この発達障害のプロジェクトの一員として、そのような方との交流を通じて分かったことは、まだまだ発達障害のお子さんは肩身の狭い思いをしている可能性が高いということなんです。

一部学習能力が劣っている科目がある少し運動が苦手気味かもしれない少し美的感覚がないかもしれない・ややコミュニケーション面でおかしいところがあるかもしれない・ちょっと他のお子さんと異なったところがあるかもしれない

それも本当は人間の一つの個性であって、キャラクターの1つなのですが、日本人はまだこのような少し変わったところがあるという人をいまだに避けます。避けるだけならまだしも、攻撃性を持っていじめをしたりするお子さんもいます。ただこの問題はいじめをしてしまっている小学生だけの責任では到底ありません

画一的な人間を作るちょっと変わった人は採用しない・付き合いたくない世間体に恥じるような人になってはいけないなどという狭い考え・教育がこのような偏見を生んでしまったんです。今までの国家・会社組織・学校・親などの教育が間違っていたというところを露呈してしまっているんです。日本国憲法でも個人の大切さを重要視しているのですが、肝心の日本人がこのような教育を若い方に行っていません。

学校の先生も日々の業務で忙しいということと、自分の得意なタイプの生徒以外との係わりを持てるようなリスク管理をしてこなかったということもあり、学習面・運動面・コミュニケーションの面でちょっと遅れているお子さんと、なるべくであれば関わりたくないという先生も多いのではないかと思われます。

このようなところから、発達障害のお子さんが学校に行っても、キャラクターの問題もあり、なかなか友達に恵まれない。さらには無視されたり、いじめられたりしてしまう。

担任の先生の多くも、そのようなお子さんの悩みに力を貸すどころか・お子さんの気持ちを全く理解できなかったり、さらにひどい場合にはいじめっ子に同調してしまったりして、ますますお子さんの居場所を狭めてしまうようなことをしてしまい、お子さんが学校に行く意義をなくしてしまうようなことをしてしまったりするケースも本当にあるんです。そこから不登校になってしまうお子さんもとても多いんです。

発達障害のお子さんは程度にもよりますが、特別支援学級の検討も考えた方が良いのかなというのが管理人の持論です。せっかくの学校生活が、いじめで不登校などになってしまったりしたら、とても辛くもったいないです。ただ地域によってはなかなか特別支援学級などがないところもありますし、そのようなお子さんを理解できる環境が国内にあるのかといえば、まだまだ不透明なところがあります。

発達障害や不登校で悩んでいるご家族の方に!
「発達障害などでいじめられている」
「先生に見放されている」
「人が信用できない」
「成績が上がらない」
「注意力が散漫」
「不登校が続いている」
「人並みの成績まで戻って欲しい」
「勉強はできるけど生きる力を持っていない」
「進学や就職に不安」
「通信制高校に転校しようかを考えている」
「高卒認定資格を考えている」
「何とか公立高校に行ってほしい」

また必要があればブロックの解除及び受験指導を行っていくことも考えています。ただ不登校の方ということで時間及びお金がかかりますのでご了承いただきたいです。
「何とか大学まで行かせたい」
「大学を出て就職してほしい」
「ITエンジニアとして活躍してほしい」
「親が経営者なので何とか後を継いでほしい」
「何とか他のお子さんよりも見劣りしないように」
「こどもがとにかく輝いてほしい」
などのご家族の方にはいいかなと思われます。

「医療機関・学校・塾・家庭教師どこに行ってもお子さんが改善しなかった」
「何が何でもこの状況を抜けたいので力を貸してほしい」
「お金がかかってもこどもを助けてほしい」
などの方には特に適しているのではないかと思われます。

相談は下記から行うことができます。
powermatching1@gmail.com
関連コンテンツ

発達障害のお子さんは不登校にもなりやすい

発達障害を持ったお子さんは、全体の8%程度ですが、成長が遅れていたり、勉強が出来なかったり、運動能力が低かったり、ほかのお子さんと少し変わったところがあったり、コミュニケーションが上手でなかったりする・・・